海外赴任・海外出張

英語ができないのに海外赴任が決まった時にするべき事

イノさん
英語ができないのに海外赴任することになってしまいました。赴任前に何かできることはありますか?
私の海外赴任経験から、絶対おすすめの内容をお伝えしていきますね。
バニ助

 

目次

海外赴任前に英語レベルを上げておく

赴任してからは英語が必要になりますので、しっかりと赴任前に英語レベルを上げましょう。

 

現地スタッフへの配慮が自分のパフォーマンスに影響します

実際に着任してからだと、英語を勉強したいと思いつつも、英語学習の優先順位がどんどん下がって行ってしまいます。

しかし、気を付けなければならないのが、現地スタッフへの配慮です。

英語ができないマネージャーを持ってしまう部下には、想像以上のストレスを与えていきます。

そして、英語ができない部下をもってしまう現地の上司も、非常に悩ましい思いをすることになるでしょう。

人間関係も悪化していき、自分自身の仕事のパフォーマンスも発揮することが出来ず、上司・部下のパフォーマンスも落ちてしまい、会社としてもネガティブな方向に行ってしまいます。

 

赴任前が難しい場合には、赴任直後から英語学習する計画を立てましょう

赴任前は、引継ぎ業務や赴任前の準備(予防接種・外部研修・引越など)が忙しくて、英語学習する時間が取れないという場合もあると思います。

その場合には、「赴任後から始める」でもいいと思いますが、赴任直後から始められるように計画しておくことをおススメします。

 

出来るだけ早い段階で、自身の英語レベルを上げておく、最低限の現地スタッフと理解し合える英語を習得しておく必要があります。

 

関連記事

本気で英語が話せるようなりたい主婦におすすめの英語勉強方法とは?

英語学習

本気で英語が話せるようなりたい主婦におすすめの英語勉強方法とは?

ヒツジさん主婦やってますが本気で英語が話せるようになりたいんです。でも何から手を付けたらいいのか分か ...

英語学習

【必読】「英語は読めるけど話せない人」が取り組むべき3つのこと

イノさん英語はそこそこ読めるけど話せないんです。話せるようになりたいけど何から取り組むべきなのか?良 ...

英語学習

30代から英語の習得は無理?30代後半からは更に遅い?

イノさん30代から英語を習得しようとするのは遅いですか?やっぱり無理でしょうか?   英語 ...

 

英語学習は短期集中に限る

英語習得はダラダラやる必要はなく、2~3か月の短期集中で行うのが鉄則です。

 

短期間で集中した学習は記憶に定着しやすい

その理由は、短期集中で行う方が、記憶を効率よく定着させることが出来るためです。

特に英語の基礎となる「単語・文法」の部分は反復練習することで、自分の中に馴染んでいきます。

「忘れる」ことは人間として当然の事ですので、「忘れる前」に反復することが必要になります。

それは、結果的に「短期集中」で行うことに繋がって行きます。

 

短期集中であれば赴任前にレベルアップが可能

また、短期集中であれば赴任前(または、着任後すぐ)の2~3か月間で、英語力を上げておくことができ、その後の仕事で「言葉の壁」をそこまで心配する必要がありません。

とは言っても、「英語学習とは一生継続していくもの」と言われます。

2~3か月で英語学習が終わりというわけではなく、日々新しい言葉に出会い、学んでいく姿勢は重要です。

ただ、英語が「できないレベル」から「ある程度できるレベル」まで上げておかなければ、日々の英語学習も「辛く」なってしまいます。

 

何のために海外赴任をするのか、それは自分の知識・技術を赴任先でも発揮して、会社としての成果物を得るため。

英語を勉強するためではないという事です。

着任後からスタートダッシできるように、赴任前の期間で集中的に英語学習を行いましょう。

 

\ 短期集中xコーチングサービス /

PROGRIT(プログリット) 公式サイト

 

 

「短期集中型の英語学習プログラム」の活用がおすすめ

おすすめの短期間で成果が出る英語学習方法は、「短期集中型の英語学習プログラム」を利用することです。

 

独学は学習効率が悪く継続が難しい

自分自身が「英語学習の初心者」であるため、独学でやろうとすると、学習効率が悪く、成果が出るまで継続するのが難しくなります

 

独学で進める場合、参考書を使用することになりますが、本屋に行けば山ほどある英語の参考書から選ぶことになり、ネットで調べても様々な人が数多くの本を紹介しています。

たとえ、それがAmazonの売れ筋ランキングで上位の英語学習本でも、「この本は、自分に合っているのかな?」「もっと他に効果的な参考書があるかもしれない」「英会話に通った方がいいのかも」と他の学習方法を探してしまい、時間だけが経過して成果が出ないという事態に陥る場合も少なくありません。

そうなってしまうと、言語習得の重要な要素である「継続する」ことも難しくなるのが現実です。

 

英語ができない状態から、独学で英語を学習するという選択は、時間に余裕がある場合に考えましょう。

 

海外赴任者にはパーソナルコーチング系サービスが効果的

「短期集中型の英語学習プログラム」といっても様々ありますが、海外赴任者、特に赴任前の方に効果的なのが「パーソナルコーチング系の英語スクール」です

 

「短期集中型の英語学習プログラム」についてはこちらの記事を参考にしてください。

\ 短期集中xコーチングサービス /

PROGRIT(プログリット) 公式サイト

 

海外赴任する前の方にとって「パーソナルコーチング系の英語スクール」を利用するメリットは2つあります。

メリット

  1. 赴任までの短期間で確実に成果が得られる
  2. 英語学習スキルが身に付くので、赴任後も自分で学習を管理していける

 

赴任までの短期間で確実に成果が得られる

一つ目のメリットは、赴任までの短期間でも確実に成果が得られることです。

 

なぜ、短期間で成果が出せるのかというと、自分にあった最適なプログラムが組まれ、専任のコンサルタントが常に英語学習を並走してくれるので、諦めずに学習を継続できる環境があるからです。

つまり、自分に合った効果的な方法で2~3か月の短期間継続することができれば、成果は自ずと出てくるというわけです。

 

英語学習スキルが身に付くから、赴任後も自分で学習を管理していける

二つ目のメリットは、英語学習スキルが身に付くので、赴任後の英語学習も自分で管理していけるということ。

 

短期集中のプログラムでは、自習の時間が不可欠となっています。

「えー、自習するの?」と思われるかもしれませんが、短期間で成果を出すためには当然のこと。

自習する内容、時間の使い方については専任コンサルタントと一緒に決めていきます。

何をどのように学習していけばいいのか分からなかった自分も、コンサルタントという英語学習のプロから指導してもらうことで、自分に合った学習方法が見えてきます。

たった2~3ヶ月の学習で得られるものは、単に英語力だけでなく、英語の学習能力も含んでいるんです。

 

そして、短期間で英語力を上げられるという成功体験が、その後の「英語」との関わりを大きく変え、自分で英語学習をコントロールしていけます。

 

プログリット(PROGRIT)

 

おすすめの英語コーチングサービスはプログリット

おすすめする英語コーチングサービスは『PROGRIT(プログリット)』です。

PROGRIT(プログリット)は、2~3か月という短期間で圧倒的に英語力を伸ばす英語コーチングプログラムなのですが、「世界で自由に活躍できる人を増やす」というミッションを掲げて、これまでに累計1万名を超える受講実績を持ちます。

 

PROGRIT(プログリット)特徴

  • 外国人講師と会話をしていく一般的な英会話スクールではない
  • 第二言語習得論、応用言語学に基づいた科学的な英語習得の方法を提供している
  • 専属コンサルタントがついて、成果を出すための自習力を鍛えるパーソナルコーチングサービス
  • オンラインコースがあるので、国内外問わず受講することが可能

 

受講生には、1日2~3時間の自習が求められますが、2~3か月の間だけです。

圧倒的学習量があるので、短期間での英語力向上が実現します。

 

コンサルタントとの面談は週に一回。

東京、横浜、名古屋、大阪に合計で12校舎を展開していますが、オンラインコースもあるので、移動時間がなく時間を有効に使えるオンラインコースがおすすめです。

オンラインコースであれば海外からの受講も可能となるので、赴任後からでも受講が可能です。(注意点として、コンサルタントとの面談時間を現地で合わせられるかがポイントです)

 

PROGRITの口コミについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

こちらをCHECK

PROGRIT(プログリット)って効果あるの?受講生からリアルな口コミ・評判を集めて調査してみた!

このページでは、短期集中型の英語コーチングスクール 『PROGRIT(プログリット)』のリアルな口コ ...

続きを見る

 

PROGRITは無料カウンセリングを提供しています。

まずは、無料カウンセリングを受けて頂くことで、PROGRITってどんな物なのか知ることができます。

更には、短期間でどこまでレベルを上げることが可能か、何をすればもっと良くなるのかを論理的に解説してくれます。

無理な勧誘などは一切ないのですが、無料カウンセリングの予約もすぐに埋まってしまうため、すぐに行動することが重要です。

こちらもCHECK

【体験談】PROGRIT(プログリット)無料カウンセリングをオンラインで受けてみた!

このページでは、短期集中型の英語コーチングスクール 『PROGRIT(プログリット)』の無料カウンセ ...

続きを見る

 

 

英語を上達するために日本語と距離を置く必要はない

英語学習を効率的・効果的に行うために赴任先で「日本語のメディアや日本人コミュニティから距離を置いた方が良い」という事が言われますが、必ずしもその必要はありません。

 

英語ができない海外駐在員は、それで問題なかった

海外赴任して、駐在員として何年も海外で仕事をした人でも英語ができない方がいますが、それはその英語レベルでも問題なかったという事が普通にあります。

 

そういった方は、初めて赴任した時には、英語を何とか習得しようと色々と取り組んだと思います。

しかし、仕事も慣れて、あるレベルの英語力で自分は痛い目にあっていない、自分の仕事に問題ないという場合には、それ以上に上達することはなくなります。

英語が使える環境にいるのに「楽」な日本語のメディアやコミュニティを好む傾向もあります。

 

でも、それは「英語学習の初心者」であるにもかかわらず「独学・自力」で英語を何とかしようとして挫折、学習を放棄した場合に限ります。

 

赴任前に英語を習得しておけば、現地での英語学習が楽になる

赴任前に「英語コーチングサービス」を利用して、短期間で英語力を向上させ、英語学習能力を体得していれば、現地での英語学習が楽になります。

 

現地に住み始めると、初めは現地の英語訛りに苦労するケースはあると思いますが、基礎的な英語力があると耳が慣れればすぐに理解ができるようになります。

基礎力が無い場合は、とにかく理解できるまでに時間が掛かかります。

 

何度も言うのですが、海外赴任は英語を学ぶために行くわけではありません。

英語力がある状態が基本と考えると、日本語のメディアや、日本人コミュニティというのは情報収集に非常に有効なツールとなります。

 

現地の情報を正確に知り、様々な業界の情報も入ってくるので、仕事を進めるためにも欠かせない情報源と思った方が良いでしょう。

 

プログリット(PROGRIT)

 

海外赴任先の日本語ローカル情報サイトを探そう

現地の仕事を正しい方向に進めるため、現地での生活を始めるためにも、日本語でローカル情報が入手できるメディアを探しましょう。

具体的には、フリーペーパーなどの情報誌、更にはブログなどの個人が発信している情報も有用です。

 

その理由は単純に、ローカル情報を分かりやすく正確に知ることができるためです。

新生活の不安をできる限り除くきっかけにもなります。

日本人コミュニティを知るきっかけになったりと、赴任直後には有効に活用することができます。

 

特に、日本人が多く住んでいる都市では、ほぼ必ず日本語のフリーペーパーが存在しています。

そのフリーペーパーのWebページでは、より多くの情報を掲載している場合がほとんどです。

その都市のローカル情報はもちろん、その国のニュースや日本のニュースを扱ったりもしています。

 

赴任する前から、現地のイメージがし易くなり、気になる情報があれば実際に問い合わせてみることもできます。

細かい事ではありますが、安心材料となるので、赴任先の日本語情報メディアを探しましょう。

 

プログリット(PROGRIT)

 

日本人が多く住んでいる7都市の日本語情報サイトを紹介

ここでは外務省がまとめている最新の海外在留邦人数統計(2019年のデータ)から、在留邦人が多い7都市6か国の有力な日本語情報サイトを紹介します。

 

こちらの「びびなび」は日本も含めた世界的な日本語コミュニティサイトです。

今回の記事で紹介する7都市以外が赴任先となっている場合には、こちらのサイトで赴任先が含まれているか確認してみましょう。

 

米国/ロサンゼルス&ニューヨーク の日本語情報サイト

ロサンゼルス

ロサンゼルスは在留邦人が世界一多い都市で約68,000人の日本人が住んでいます。

ニューヨーク

ニューヨークは在留邦人が世界で4番目に多い都市で約40,500人の日本人が住んでいます。

アメリカは最も在留邦人が多い国です。

その中でも、ロサンゼルスとニューヨークの在留邦人数を合わせると10.9万人となり、それは全世界の約25%の在留邦人がこの2都市に集中していることになります。

日本人が多いからこそ、ローカルな日本語情報サイトが多いイメージです。

 

こちらの「フロントライン」というサイトは、アメリカ全土が対象になっている情報サイトです。

アメリカで共通の情報サイト

しかし、アメリカの地方都市に行くことになった場合には、日本語で得られるローカル情報は少なくなってしまうのはやむを得ない状況です。

そういった場所に赴任する場合には、「びびなび」か、ブログやSNSなどで日本語の情報収集をしてみることをお勧めします。

 

タイ/バンコクの日本語情報サイト

タイのバンコクは、世界で2番目に在留邦人が多い都市で、約57,000 人の日本人が住んでいます。

 

中国/上海の日本語情報サイト

中国の上海は約41,700人の日本人が暮らしていて、世界で3番目在留邦人が多い都市です。

基本的には、中国語が必要ですが、中国の中でも欧米系の企業も多く英語を使う機会があります。

 

シンガポールの日本語情報サイト

シンガポールは世界で5番目に在留邦人が多い都市(国)で、約36,000人の日本人が住んでいます。

 

オーストラリア/シドニーの日本語情報サイト

シドニーは世界で6番目に在留邦人が多い都市です。

約34,000人の日本人が住んでいます。

 

英国/ロンドンの日本語情報サイト

最後はロンドン。シドニーとほぼ同じ約34,000人在留邦人住んでいる都市です。

 

まとめ

海外赴任前には、確実に英語力を向上させておく方が良いという話をしてきました。

英語コーチングサービスを利用することで、短期間での英語力向上も実現可能です。

仕事を前に進めるためには、日本語での情報もしっかりと入れておくことを覚えてもらえれば幸いです。

 

\ 短期集中xコーチングサービス /

PROGRIT(プログリット)の評判

英語初心者がプログリット x 3か月で別世界

1

このページでは、短期集中型の英語コーチングスクール 『PROGRIT(プログリット)』の無料カウンセ ...

2

このページでは、短期集中型の英語コーチングスクール 『PROGRIT(プログリット)』のリアルな口コ ...

-海外赴任・海外出張

© 2021 短期集中! ビジネス英会話 習得の近道