お役立ち

マスクで口呼吸になっていませんか?

マスクを着けている時に、口呼吸になっていませんか?口呼吸が癖になるとウイルスに感染するリスクが高まってしまうんです。
バニ助

 

イノさん
あ!確かに無意識のうちに口呼吸になっていました。でも、マスクでブロックできてませんかね?

 

 

新型コロナウイルスの影響で、どこに行ってもマスクが必須となってきました。

マスクを着けていると、無意識のうちに口呼吸になってしまうという事はないでしょうか?

マスクを着けている時だけならまだしも、長い時間に渡ってマスクを着けて口呼吸をしていると、マスクを外した後でも口呼吸が癖になってしまう事も多くあるようです。

そして、口呼吸を続けていると、病気になるリスクがぐんと高くなってしまうんです

 

 



なぜ口呼吸になってしまう?

マスクをしていると、空気を吸い込む時の抵抗が大きくなり、より強い力で吸い込む必要があります。

マスク無しでは普通に鼻呼吸をしていても、マスクを着用すると呼吸が苦しく感じるのはそのためです。

マスク着用時に、鼻呼吸だと息苦しくなるので無意識に口呼吸となってしまう ということになります。さらには、長い時間マスクをして口呼吸に慣れてしまうと、その次に鼻呼吸をするのが大変になってしまいます。

 

口呼吸は病気の入り口

口呼吸が癖になると、空気と一緒に細菌やウイルスのどに直接運んでしまい、病気に感染するリスクを高めてしまいます。

のどの粘膜が様々な細菌やウイルスにさらされてしまい、その細菌やウイルスは白血球に運ばれて全身に行きわたっていきます。ウイルスは、体の免疫力を低下させて、病気を引き起こす原因となってしまうのです。

 

マスクの感染予防効果は?

ウイルスから自分を守るために、マスクをしても、マスクと顔の間に隙間があるためウイルスの侵入を防ぐ事はできません

目の前の感染者が咳やくしゃみで飛沫を飛ばした時に、直接その飛沫を吸い込むことは防げるので、そういった側面では予防効果はありそうです。

マスクの主な目的は、自分が周りに対してできる感染拡大予防になります。

 

 



鼻呼吸のメリット

鼻は加湿器付きの空気清浄機とも言われており、鼻呼吸は、空気中のほこり・細菌やウイルスなどの異物を、鼻の粘膜に吸着させて体内に取り込むのを防ぎます

 

 

鼻呼吸にする方法

まずは、自分がどれくらい口呼吸をしているのかを自覚することが大切です。
それはマスクをしている時なのか、歩いている時なのか、寝ている時なのか。

その自覚をもとに、あとは鼻呼吸をするだけです。

鼻呼吸にするための方法を紹介します。

 

ガムを噛む

口呼吸になってしまう癖を矯正するためには、ガムを噛むことが一番手軽な方法です。

メリットは二つあります。

  • 口を閉じて噛むことで顔面表情筋を鍛えられる
  • 噛むという行為が免疫器官を活性化させて免疫力アップさせる

ガムを噛むことは、口を閉じるトレーニングには最適だと思いますが、免疫力アップも期待できるので感染症の予防にもなります。

 

睡眠時に口だけマスク

寝る際にマスクから鼻を出して口だけに着用する方法があります。

上述した通りマスクをすることで、より空気を吸い込む力が必要になります。

そこで、口だけにマスクをすることで、鼻呼吸を促すという方法になります。

 

 

ノーズクリップ、鼻孔拡張テープ

いびき防止や無呼吸症候群の対策商品に、鼻孔を拡張させるノーズクリップや鼻孔拡張テープがあります。

睡眠時の鼻呼吸を促すためにもこれらの商品は十分に使用できます。

 

 

参考文献:西原克成『呼吸健康術 -口呼吸から鼻呼吸へー』

 

まとめ

口呼吸は、病気になるリスクが上がること。鼻呼吸のメリット、鼻呼吸をするための方法をお伝えしました。

コロナをはじめ、インフルエンザや風邪にかからないように、呼吸からも予防していくことが大切です。

ぜひ今から鼻呼吸を意識して見てください。

最後までお読みいただきありがとうございました!



英語初心者がプログリット x 3か月で別世界

1

このページでは、短期集中型の英語コーチングスクール 『PROGRIT(プログリット)』の無料カウンセ ...

2

このページでは、短期集中型の英語コーチングスクール 『PROGRIT(プログリット)』のリアルな口コ ...

-お役立ち

© 2021 短期集中! ビジネス英会話 習得の近道